ピンボール銀河鉄道999

「パレオ原始人食」の記事一覧

◆パレオ協会ニュースレター◆  『看過できない食品のグリホサート汚染〜…

現細胞および動物実験レベルでは、すでに複数の研究でグリホサートの発ガン性が確かめられています(Glyphosate mimics 17β-estradiol effects promoting estrogen receptor alp...

◆パレオ協会ニュースレター◆  『看過できない食品のグリホサート汚染〜…

現在、農地を含めて、地球上で農薬(insecticides)よりも広く使用されているものが除草剤(herbicides)と呼ばれている毒性物質です(Food and Agriculture Organization of the U...

◆パレオ協会ニュースレター◆  『なぜ新生児にビタミンKの注射が危険な…

現代医学では、新生児にビタミンKの注射を推奨しています。 新生児の筋肉内に注射するので、ワクチン接種と同じと言われています。 これは、ビタミンK不足の母親から生まれると、脳出血など全身の出血(vitamin-K-de...

◆パレオ協会ニュースレター◆  『ミルクの健康増進作用の基礎その二』

ミルクを血液から産生する乳腺細胞は、血液中の栄養(ミルクタンパク質と植物の葉のタンパク質のアミノ酸組成は酷似)を濃縮する一方で、毒性物質(エンドトキシンなど)を取り入れません。小麦やパンにはカビ毒が含まれていますが、これらを食べると、カ...

◆パレオ協会ニュースレター◆  『ミルクの健康増進作用の基礎その一』

今回は、権力者やその手下にある現代医学および現代栄養学が執拗に唱える「牛乳悪玉説」をリアルサイエンスで根本から説明していきます。 すでにミルクの健康増進効果については、過去のニュースレターや記事などで繰り返しお伝えしてきました...

◆パレオ協会ニュースレター◆  『 “内分泌かく乱物質”は次世代への負…

環境中のエストロゲン作用物質は、医薬品(ピル、DESなど)やサプリメント(レスベラトロールなど)のエストロゲンと同様に発がん作用など多岐に渡る悪影響があります。 したがって、権力者たちは、「内分泌かく乱物質(endocrine...

パレオ協会ニュースレター 『糖のエネルギー代謝を低下させる物質:一…

ようやく、現代医学でも一酸化窒素(nitric oxide, NO)が発ガンを促すことが報告されるようになりました(Pivotal role for S-nitrosylation of DNA methyltransferase 3B...

◆基礎医学ニュースレター◆  『“筋肉の霜降り化”は最大の死亡リスク要…

糖質制限の一つの形であるケトン食は、高脂肪食です。この高脂肪食を慢性的に摂取すると、加齢現象の一つである「筋肉の霜降り化(myosteatosis)」が起こります(A 7-day high-fat, high-calorie diet ...

◆パレオ協会ニュースレター◆  『タンパク質補給サプリメント:メディフ…

ワンちゃんだけでなく、私たちもこの日本という国では、タンパク質源の不足が深刻です。ワンちゃんや私たちもタンパク質源して大豆などの植物性のものは、毒性および吸収率の低さの問題で、動物性の代替にはなり得ません。そこで、肉以外の乳製品のミルク...

牛すじスープと重ね煮からアレンジ

愛犬の食事用に3〜4日おきに作っていた牛すじスープでしたが、ふと、とても美味しそうに見えたので、塩を入れて食して見たところ、お・い・し・い!鶏のコラーゲンは、あまり好みではなかったけれど。。。 あなたたちってこんな美味しいものを食べて...

このページの先頭へ